広域三次元計測サービス

サービス概要

3Dレーザースキャナを用いて建築物、プラント、災害現場などの三次元計測を行います。
計測した点群データは結合処理を行いASCIIファイルにて出力し納品致します。
利用目的に応じて点群データから3Dモデリングを行うことも可能です。
計測費用、時間は対象の規模、形状により左右されますのでお問い合わせください。

使用機材

FARO Focus3D

スペック(メーカー公称)
メーカー FARO
距離範囲 0.6-120m
偏向ユニット 垂直300°/水平360°
測定速度 最大976000ポイント/秒
測定誤差 ±2mm

計測の流れ

  1. 写真、図面(手書きで構いません)のご提出
  2. 御見積り
  3. 現場訪問、計測
  4. 点群処理
  5. 納品

計測結果

弊社工場計測点群データ 簡易計測

3DCADデータ化処理

点群から3DCADデータへ
計測データ加工の詳細につきましては『点群モデリングサービス』をご覧ください。

出力形式

点群データ

FLS(FARO Focus3D標準データ)
XYZ(テキスト形式XYZ座標データ)

3DCADデータ

IGES
step
catia(V4,V5)
sat(acis binary file)

2DCADデータ

DWG
DXF

その他

ウォークスルームービー
スクリーンショット

その他の形式にも対応致します。ご相談ください。