計測した点群データの処理にお困りではありませんか?

3Dレーザースキャナにて取得した点群データから2次元・3次元図面を作成します。
間取図はもちろん3次元構造をそのまま3DCADで再現可能です。
お客様が3Dレーザースキャナを用いて作成した計測データの変換作業も承ります。
詳細はお問い合わせください。

構造を維持した3Dモデルを作成

計測したスキャンデータを基に、3Dモデルを作成。
点群をベースに3DCADモデルを作成するので出来上がったCADデータは元の形の特徴を保持しています。
そのため、追加で機器や配管を設計、設置する際に効率を高め、干渉のリスクも軽減することができます。
汎用中間ファイルを出力致しますのでお手持ちのCADソフトで追加の設計も可能です。

高い再現性

3Dレーザースキャナを使用して都市ガスプラントを計測。
点群処理ソフトで3DCADに変換を行いました。現状をそのまま3Dモデル化することが可能です。

多岐に渡る利用方法

作成した3DCADデータは任意の角度・断面で2DCADデータ化することも可能です。
無機質なCADデータだけでなく、着色やテクスチャを張り付け3DCGモデルや建築パースなどにもご利用頂けます。

対応形式(中間ファイル)

■3次元CAD
DWG,IGES,STEP,SAT 等
その他の形式でも対応致します。お問い合わせください。